FC2ブログ

夏草や。

 シーズンオフのスキー場は使用用途も無く放置されているだけの所も多いようだが、最近ではグラススキーなどのレジャースキーに開放されているところもあるようだ。しかし、真夏の休日は簡易モトクロスコースに変貌し、バイクの排気音とオイルのにおいが立ち込めていたのが、福井県九頭竜湖スキー場であった。

 そこは、普段愛用しているバイクを持ち込んで、レースに興じ歓声を挙げていた若者でにぎわっていた。当時は本格的なモトクロッサーを持ち込んだクラスもあったようだが、我がモーターサイクル愛好会は、原付50ccクラスに出場するのが精一杯で、普段足に使っているバイクの保安部品を取っ払ってレース仕様に改造し、軽トラに載せて参加したものであった。




 時代は、80年代前半、バイクブーム真っ只中である。


くず竜-05[1] 




くず竜-09[1] 




くず竜-24[1] 





 XE,DT,MR,XLなどがこのクラスの出走車種である。
もともとスキー場であるため、コースの高低差が大きく、50ccクラスは上り坂での熱ダレ発生のため、勝敗の半分はライダーの脚力によるところが大きかった。

くず竜-06[1] 




くず竜-10[1] 



 今改めて写真を見返してみると、参加者は皆、一応ブーツらしき物を履いてはいるが、ジーパン、ジャージも結構いるようである。綿ツナギを着ているのは上等な方で、モトバン等皆無であった。

くず竜-13[1] 




最新水冷DTリアフェンダー無しを、くたびれたXEが果敢に攻める!

くず竜-14[1] 



XL50とテールトゥーノーズのゴリラ。

くず竜-19[1] 




周回コース表はもちろん、自己申告の手書きボード。

くず竜-27[1] 

いゃ~、あの時代は熱かったなぁ~









今年6月某日、初夏を思わせるような九頭竜スキー場。

kuzu.jpg   

夏草や 兵どもが夢のあと





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2018/06/17(日)
未分類 コメント:(6)
コメント:

夢の跡
こんばんわ。MR50のダウンマフラーの直噴射が泣かせますねえ!!懐かしい写真をありがとうございます また夢の続きを見てみたいです。
by: S600 * 2018/06/17 21:58 * URL [ 編集] | TOP↑


夏草の繁る空の下、今のその丘を眺めて思う最後の一枚に、走ってきた歴史の重みさえ感じました。
芭蕉の句にのせて、心が和む色合いのフィルム写真で綴る・・・その何もかもが若く、そしてその頃のトキメキが蘇りながらも・・・
いま同じ場所に立った時に感じたもの・・・見えたもの・・・とても伝わってきました。
味わい深い今回の記事には、しばらく見入ってしまいフリ-ズしてしまいました。
そして当時を想って、胸の中になにか熱くなるものを感じました。
現在、過去、未来、今回のような深い記事は、まさしくoffroadforeverさんの世界そのものですね。
by: selen * 2018/06/20 17:07 * URL [ 編集] | TOP↑


s600さん、
いちばん多く写っているのが若き日のs600さんですね。
当時はバイクブーム真っ盛りで、メーカーは次から次へと新しい車種を出していました。
しかし、そんな新型車は雑誌で眺めたり、裕福な学生が乗っているのを遠くから見ているだけ。
そんな時、我々貧乏学生は自ら汗をかいて楽しめる熱いバイクの乗り方を見つけました。
私もこの時からオフに目覚めました。
by: offroadforever * 2018/06/21 21:21 * URL [ 編集] | TOP↑


selenさん、
selenさんに感動していただいて恐縮してしまいます。
これら古い写真は家のPCの傍らにアルバムとして置いてあるのですが、最近振り返って見る事が多くなりました。
現在の写真と、過去の写真を並べてみると、その二つは全く世代の違った時点での事でしかないのですが、青々とした夏草を眺めていると、振り返る自身の後ろにはズーっと、あの時代まで繋がっていて、今まで辿った人生の重みを感じました。
selenさんのコメントのおかげで、改めて自分に感動しています。
by: offroadforever * 2018/06/21 21:34 * URL [ 編集] | TOP↑

兵どもが
レース写真では平坦地のように見えますが、結構な斜度でしたね。チャリから始まったツーリング人生ですが、何処にも行けるオフ車の世界はここから始まっていたことを思い出しました。懐かしい写真をありがとうございました。
by: ニコニコ商会 * 2018/06/23 13:39 * URL [ 編集] | TOP↑


ニコニコ商会さん、
あの上り坂は、古い原付クラスにはかなり厳しかったと思います。足を使ってのライダーの脚力、体力勝負でした。逆に下りは転がり落ちるようでした。
ニコニコ商会さんは、当時からリーンアウトが決まっていましたね。
by: offroadforever * 2018/06/25 08:08 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top