FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

県境の酷道を行く

好天の9月の日曜日、バーナー、コッヘル、およびごく簡単な食材持参で、富山県と岐阜県を縦断する酷道へアタックすることにした。


先ずは「酷道」で名高い国道472号を富山市八尾(やつお)町から南下することとする。
その前に、越中八尾駅を発車した、名古屋行きディーゼル特急「ひだ」をバックに。


牛首 (0) 




472号は途中から471号と重複路線となる。岐阜県境へ続く道は、小規模な村々をむすんでゆるやかに高度を上げる。道幅は所々狭くはなるものの路面は良好で未だ酷道と言われる所以はなさそう。しかし交通量は極めて少なく、日曜日の午前中であるのに県境までの約一時間ほど、すれ違う車、バイクはほぼ皆無だった。


牛首 (2) 




このルートは豪雪地帯でもあることから年間の通行止め期間が長い。と、ネットにもそう紹介されているが、峠に近い県境にゲートがあるのはいささか疑問に思われる。また、この県境からさらに峠に向けて上りが続くようだし、そこが「酷道」の本領発揮する区間と思われるが、ゲートが閉じられた時の「通行止め」の看板も逆ではないのかと感じるのだが。


牛首 (3) 





勾配は緩やかではあるが、峠に向けて「酷道」が始まった。


牛首 (4) 




地図では「楢峠(ならとうげ)」とあるが、そのポイントに気づく事無く、下りが始まっていた。途中で現れる重複国道のプレートは、県境のものもそうだったが、上部471の傷みが激しい。積雪の仕業だろうか。


牛首 (6) 




すれ違うものは相変わらず皆無で、青空の下を楽しくのんびり走ることができた。
八尾から約50kmほどで、国道350号に出る。そこから白川郷に向けては快走路であった。


牛首 (7) 




本日、二つ目の目的路は「牛首林道」。白川郷から北上し富山県に抜けるダートである。
観光客でごった返す白川郷のコンビニで水を購入。早速、林道へ進入。再び富山県境に向けて緩やかに上っていく。

久しぶりの本格的な林道走行は、やはり一人では心細い。はたしてこの先、崩落箇所はないか、走行不能に陥る転倒はしないだろうか、抜けるような秋の空に反して、不安はいっぱいである。


牛首 (8) 





路肩にバイクを停め、キーオフすると静寂が訪れる。心細さは増す一方だが、しばらくすると山間をバイク音が聞こえてきた。


牛首 (9) 



お互いかるく会釈をしただけで、通り過ぎていったが、そのライダーの存在によって、不安はだいぶ解消される。ここまで走ってきたルートに、そのオフ車のブロックタイヤがかっぽじった轍がなかったことから、富山県側から走ってこれてきたことが推測される。


しばらく進むと、県境傍の石碑「広域基幹林道牛首線」があるポイントに到着。


牛首 (10) 



実はこの場所、今から14年前の2003年秋にも訪れている。そのときは、連れとの2泊3日北陸ツーリングの道中であった。


牛首 (11) 




ここは、水無湖と呼ばれるダム湖が見渡せるポイント。


牛首 (12) 




牛首 (13) 




牛首 (14) 



ここも2003年のツーリングで立ち止まったポイントであった。


牛首 (17) 




牛首 (18) 





ダートの途中にあった洗い越しの傍で昼食とし、30km弱のダートを走破、無事富山県側の舗装路県道に到達した。


牛首 (20) 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/09/28(木)
未分類 コメント:(8)
コメント:


こんにちは(^^)
感じる日差しや、道幅、胸のすくような景観・・・30kmもあるこのダ-トは、
道を選ばないオフロ-ド車だけが楽しめる、
私のようなオンロ-ド車では、触れることも出来ない、
限られたRIDERだけが、この道の風を知っている。そんな場所ですね。

再度訪ねたいと思える道は、私も沢山ありますが、
数年経ってたりしてます。
其処に行けば、必ずその道はありますから、
安心したりしてます(^^;
今回、過去を織り交ぜながらの道の風景に、
走り続けてきた歴史と時間を感じました。

道との再会を繰り返しながら、
その時とは違う「今」を楽しみながら、
季節と風を、記憶に残していきたいですね。
by: selen * 2017/09/29 21:39 * URL [ 編集] | TOP↑


selenさん、
歴史と言うほどのたいしたものではないですが、かれこれ40年近く走り続けてきました。しかし、本州、いや中部地方だけでもまだまだ未走の領域ばかりです。これからも新たな場所を見つけて日本を走って行きたいのですが、一方では過去に巡ったところを懐かしむ、あるいは変化を楽しむことも織り交ぜていきたいなと思っています。
by: offroadforever * 2017/09/30 21:15 * URL [ 編集] | TOP↑


重量車でのダートは迫力満点ですね 新旧取り混ぜてのツーリング風景に年季を感じます。
by: S600 * 2017/10/03 10:12 * URL [ 編集] | TOP↑


S600さん、
フラットダートを探しては何時もビクビクと走っています。昔からですが、森とせせらぎと埃と轍の魅力を捨てる訳にはいきません。S600さんも同じですよね。
by: offroadforever * 2017/10/04 21:34 * URL [ 編集] | TOP↑

お久です
これで国道とは。いや、なるほど酷道ですね。
地図を見ただけでオンロードリッタークラスで行ったらとんでもないことになりそうです。
やはり北陸中部地方は関東とはちょっと違います。
私は関東出身ですが。^^;
by: 1号車 * 2017/10/09 16:07 * URL [ 編集] | TOP↑


4号車と申します。最初の写真の特急列車は、偶然ではないように感じます。撮影者が念入りに時刻表とかを調べ上げて、昔の記憶をたどりつつようやく撮影に成功したとかのエピソードがありそうな気がします。お好きなんですね?バイクも鉄道もカメラも?
by: 4号車 * 2017/10/10 12:30 * URL [ 編集] | TOP↑


1号車さん、
この国道の方はツーリングマップルには、「ロードバイクは避けたい道」と書かれています。
なので、路面がドライであれば、オンロード車でも走行は可能ですよ(^^)v
今回は、北陸中部に限らず、まだまだ未踏の国道がたくさんあるもんだと痛感しました。
by: offroadforever * 2017/10/10 21:55 * URL [ 編集] | TOP↑


4号車さん、実は県道から国道471号に出る道を間違え、たまたまこの川の堤防に出てしまいました。
そこが偶然にも、高山本線の架橋が架かっており、たまたま普通列車が通過しました。ネットで調べてみると、偶然にも約10分後にキハ85系が通過することがわかり、それを待って写真におさめたしだいです。
偶然って重なるものですね。決して鉄オタではありません。
by: offroadforever * 2017/10/10 22:03 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。