FC2ブログ

富士山麓 雨のビバーク

今回のキャンプ地は富士山麓のキャンプ場。広大な平原からは天気が良ければ雄大な富士山が望める場所であったか、午後の幕営後はあいにくの雨。夜が更けるにつれさらに雨脚が強まった。


雨の高原 (1) 




今回の仲間は大学時代に苦楽を共にした連中。しかも学生時代の金のなかった生活が、卒業後30有余年たったいまでも倹約人生を引きずっている始末。

タープならぬ、3.4m×5.6mのブルーシートは男4人が酒盛りをするに十分なスペースを生み出す。単車4台が支柱の代わりとなったが、傍から見ると、キャンプ場内の資材置き場にしか見えない。


雨の高原 (3) 



雨の高原 (4) 




メンバの1人が所有するBMW GS。実は右のシリンダーが逝ってしまった事故車で、ディーラーに出すと修理に240万円かかる(新車より高い?)と言われた車両を、自ら15万円で直してしまった業師である。


雨の高原 (5) 




最近はインフレータエアマットやコットが流行りだが、基本中の基本、銀紙ロール。これをリアのシートバッグに見えるように括り付けるのが旅ライダーの姿である。


雨の高原 (10) 




これも学生時代から使い続けているコッヘル。使ったら洗うことなく、雨水を入れて湯を沸かして脂分を飛ばす程度。数々の食材の出汁が染みついている一品。


雨の高原 (12) 





カメラボディーは比較的新しいが、レンズはフォクトレンダーのマニュアル、15mm。


雨の高原 (13) 




そのカメラのオーナーが所有するのはこれまた学生時代から乗り続けているヤマハ単気筒。


雨の高原 (14) 





夜を明かした朝、出発前のミーティング。


雨の高原 (19) 




スマホではなく、3人共、道路地図にて当日のプランを策定。


雨の高原 (20) 




物にお金はかけないが、生きる術は誰よりも知っている連中である。


雨の高原 (21) 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/08/01(火)
未分類 コメント:(6)

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top